自分に合う脱毛法!医療脱毛と美容脱毛どちらを選ぶ?

選択肢は二つ?自分に合った脱毛法

医療脱毛で期待できる効果

医療機関で受ける医療脱毛

エステサロンなどで受ける美容脱毛と異なり、医療機関で受ける脱毛は医療用レーザーを使用した方法をとっています。
レーザーを毛母細胞に当てることで破壊し、毛が生えなくなることを目的とする脱毛方法です。
いわゆる「永久脱毛」ができる脱毛方法なのです。
細胞を破壊する行為は医療行為とされているため、医師や看護師といった資格を持っている方でないと行うことができません。
つまり、医師や看護師が行う方法であり、国家資格を持たないエステティシャンなどでは行うことができないのです。
永久脱毛は病院やクリニックといった専門医師のいる機関でのみ、行うことができるということになります。
全身どの部位も脱毛をすることができますが、粘膜部分は避けるなどといった医院やクリニックごとの方針があるので、受ける時には詳しく聞いておく必要があります。

医療脱毛の方法は

医療脱毛で一般的に取られている方法は、医療用レーザーを毛母細胞に照射し、破壊することで毛を生えなくするという方法です。
メラニン色素に反応し熱を発生させるレーザーのため、肌に照射すれば、黒い部分のムダ毛に反応し、熱を発生するという仕組みです。
熱エネルギーが強いため、人によっては痛みを感じることも多いようです。
最近では、毛母細胞よりも表皮に近い位置にある「バルジ領域」という器官の働きが注目を集めています。
この領域は毛母細胞など、実際に毛を作り出している細胞に対して指令を出している器官なのです。
毛母細胞を破壊せずとも、この「バルジ領域」を破壊すれば、発毛を抑制できるということになります。
「バルジ領域」は表皮に近いため、レーザー照射のエネルギーが弱くてもじわじわ加熱する形での脱毛が可能です。
従来の「ショット式」といわれる脱毛方法と区別して「蓄熱式」と呼ばれています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る