自分に合う脱毛法!医療脱毛と美容脱毛どちらを選ぶ?

選択肢は二つ?自分に合った脱毛法

身体に毛が生えているのはなぜ

気温が上がると肌の露出が増えます。 見せたくない部分をあらわにすることもあります。 当然ムダ毛もその一つ。 自宅で自身で行う方法もありますが、専門知識を持ったスタッフに行ってもらう方が安全ですし、相談しながら行えるというメリットもあり、利用する方が増えています。

脱毛専門施設を利用する

身体に毛が生えているのはなぜだかご存じですか?
太古の昔、人間の祖先は「猿人」として猿から別れ、進化を遂げてきました。
一方の猿は身体中毛でおおわれていますよね。
これは野外で生活しているため、気候や天気の変化によって変化する外気から身を守り体温を調整する役割、そして紫外線や物との摩擦、衝撃などから身体を守る働きをしているといわれています。
もう一方では、野外の生活から洞窟へ、建物を建てて屋内で過ごすように進化してきた人間にとっては、体毛は本当に必要とされるところにだけ集中するようになります。
つまり、頭髪(脳を守る)、脇(リンパ節を守る)、デリケートゾーン(生殖器を守る)といった具合です。
スネや腕といった部位に生えている毛も、現在では頭髪や脇に比べるとかなり密度が薄くなっていますが、本来はしっかりと役目を持っていました。

また肌には毛穴のほかに汗腺という汗を体外に排出するための穴が無数に存在します。
人間の体は汗を出すことで、上がりすぎた体温を下げるという仕組みになっています。
そのため、体表に200万~600万もあるといわれています。
その汗腺が露出した状態だと、その穴から細菌が体内に侵入してしまうことにもなります。
現在は衣服を身に着けることで、汗腺が無防備に露出することを防いでくれます。
この生活習慣も、特に目につきやすいムダ毛といわれる体毛が薄くなっている理由でもあります。
薄くても濃くても、体毛には本来このような存在理由があったんですね。

美容脱毛ってどんなことをするの?

脱毛専門の施設で行っている脱毛方法には3種類あります。 一つは医療用レーザーを使用した脱毛、一つ光を使った方法、そしてニードル(針)を使った脱毛方法です。 効果としても、一度脱毛したら再びムダ毛が生えてくる可能性が非常に低くなる、いわゆる「永久脱毛」といわれるものとそうでないものとがあります。

医療脱毛で期待できる効果

脱毛=毛が生えてこないと理解するのは正しいとは言えません。 毛を生えてこなくするためには、毛を作り出している毛根の細胞を破壊することが必要となります。 この行為は医療行為と定められているので、毛根を破壊するほどの脱毛をするためには医療機関で施術を受けなければならないのです。

TOPへ戻る